「我々はCBDの力で人々に解放の時間を創ります」



 

CBDとは大麻草やヘンプのアサ科の茎から抽出された天然成分。CBD=そのカンナビジオールをMCTオイルで希釈したものです。
不眠、不安、鬱、てんかん、ストレス緩和など数多くの不調に効くとされています。そしてCBDは、エンドカンナビノイドシステム(ECS)という人間が本来持っている、備わっている身体調整機能(ホメオスターシス)に作用して、様々な効果を発揮します。

その力を「ライフスタイル」として生活に取り入れやすいアプローチで人々にお届けすることを目的としてます。

「弊社で取り扱っているhemptouchについて

言葉は”Nature is the best medicine!”

hemptouchは2014年、リュブリャナ大学の生物学者であり、薬草を専門としているシルヴィア・スペハーと、人間とヘンプの関わり合いについて研究してきたマルコ・スラディックによりCBDのメーカーとして設立されました。

 

最初はたったひとつのCBDから作られた製品から始まりました。そこからヘンプに含まれる成分を生かした化粧品等を開発し、それがたちまち口コミとなって広まり、オーガニックショップに置かれるようになります。評判が評判を呼び、次は薬局、さらには大手オーガニックのチェーン店で販売されるようになりました。
現在ではヨーロッパの至る所でhemptouchを手にすることができます。

hemptouchの哲学は”Nature is the best medicine(自然は最高の薬)”であり、その考えは日本向けの製品にもしっかり取り込まれ、受け継がれています。

よりオーガニックなCBDやヘンプを届ける為に…

hemptouchは全ての製品の原料であるヘンプにこだわりを持っています。
栽培を手掛けるのは、農業を専門的に学び、有機農法の検査官であるイェルネイ・レディク。レディク氏の監督のもと栽培された、

完全にオーガニックなCBDを抽出。
また、抽出の際にも溶媒やアルコールを使わずにCBDを含むカンナビノイドやテルペンを安全に抽出できるよう

超臨界二酸化炭素抽出法を採用しています。

また、hemptouchが製造する全ての製品は人工的な防腐剤、パラベン、ミネラルオイル、シリコンは一切使わず、全原材料が植物ベースです。

抽出されたCBDオイルやCBDを含む化粧品やその他の最終製品はは、バッチごと(加工一回毎)に分析をし、品質管理をしています。

また、hemptouch企業全体としてサステナビリティ(永続性)やエコロジーに配慮し、特にカーボン・フットプリント(炭素の足跡)を少なく抑える試みを行っています。原料は地元調達を心掛け、生産チェーンも可能な限り短くし、生産システムについても持続可能であることを第一に考えています。

オフィスにもリサイクル木材を使い、徹底した哲学を持った企業なのです。

​そんなhemptouchのCBDオイルを当店オリジナルのコーヒーやスムージー、バナナジュースとコラボさせ、UBEREATSでお求めいただけます!  
​         ⬇︎こちらの画像をクリック!⬇︎

image0.jpeg
CBD coffee-7.jpg

​弊社で取り扱っているhemptouchオイルはネット販売しています。
    ⬇︎購入はこちらから!⬇︎

​@global touch new york